スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ドラマスペシャル『ウメ子』
ドラマスペシャル『ウメ子』
TBS 12月5日(月)PM9:00~

原作:阿川佐和子
脚本:中谷まゆみ
監督:中原 俊

出演
 深田恭子・岡田義徳・伊原剛志・薬師丸ひろ子・宇梶剛士
 村上茉愛・岩本千波・田中冴樹
 津川雅彦・笹野高史・中尾ミエ ほか

映画のような作りでしたね。
楽しかったです。
なんとなく懐かしさも漂っていて・・・

共感できる部分もありましたね。
子どもの頃大きく見えていたものが大人になってみると
こんなに小さかったんだぁ、とか。

それにしても、薬師丸ひろ子はすごい!
5歳の母親から23歳の母親役までみごとにこなしてましたね!
さすがです♪

最後まで、ウメ子は?って気持ちで見られたところは良かったと思います。

ありがとう


スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/12/07 16:14】 | [その他]単発ドラマ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
『女の一代記シリーズ』最終夜 杉村春子
フジテレビ『女の一代記シリーズ』
最終夜「悪女の一生~芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯」


<キャスト>


杉村春子 … 米倉涼子
森本 薫 … 柳葉敏郎
長広岸郎 … 山口達也
石山季彦 … 成宮寛貴

田上冬子 … 杉田かおる
小川康生 … 板尾創路
太地喜和子 … ソニン ほか

<スタッフ>


制作統括 : 大多 亮 石原 隆
企 画 : 喜多麗子 中村百合子
脚 本 : 林 宏司
原 案 : 中丸美繪『杉村春子 女優として、女として』(文藝春秋刊)
制 作 : フジテレビ
制作協力 : 映像京都株式会社
プロデューサー : 西岡善信(映像京都) 酒井実(映像京都) 塚田洋子
演 出 : 平野眞
プロデュース : 栗原美和子



この作品は、前2作と違ってハッキリと年代が出てきませんでしたね。
ただ、杉村春子さんの年齢だけ。
でも、戦争の事が途中であったりしたので
大体何年頃かな?という風に見られましたけど

いくら歳よりも若く見られてたとはいえ、53歳にしては若すぎると思いませんか?米倉涼子の役作り。
19歳は大丈夫だったけれども・・・
かなり無理があったと思います。

本当に芝居のために生きていた人なんだなと感じました。

印象的だったのは、最後に3人の愛した男性を振り返ったところですね。
本当に愛されていたんだな、と。

杉村春子さんは用意されていたお墓に、入ったのでしょうか?

ありがとう クリックして応援してください


『女の一代記シリーズ』公式HPへ






日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場







テーマ:女の一代記シリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/11/28 16:28】 | [その他]単発ドラマ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
『女の一代記シリーズ』第二夜 越路吹雪
フジテレビ『女の一代記シリーズ』
第二夜 越路吹雪 「愛の生涯~この命燃えつきるまで私は歌う」


<キャスト>


越路吹雪(昭和の大スター) … 天海祐希

岩谷時子(越路のマネージャー兼作詞家) … 松下由樹

内藤法美(越路の夫。音楽家) … 小澤征悦


* *

優 子(越路吹雪のファン) … 須藤理彩
太田和子(お手伝い) … 上原美佐
キャバレーの支配人 … 渡辺 哲
宝塚編集長 … 温水洋一
越路吹雪(少女時代) … 新垣結衣

* *

【特別出演】

黛 敏郎(作曲家) … 谷原章介

山本紫朗(日劇の演出家) … 鶴見辰吾

阿 部(越路の麻雀仲間) … 原田泰造

松岡辰郎(東宝株式会社社長) … 田村 亮

藤本真澄(藤本プロ社長・東宝重役) … 風間杜夫

<スタッフ>


原 案 : 岩谷時子『愛と哀しみのルフラン』(講談社刊)
脚 本 : 水谷龍二
制作統括 : 大多 亮 石原 隆
企 画 : 喜多麗子 中村百合子
プロデューサー : 喜多麗子
演 出 : 永山耕三
制 作 : フジテレビ




母が大ファンなのでちょっと特別な思いで見た。
そのわりには彼女の事をよく知らない私。
偉大なシャンソン歌手というイメージがとても強い。

始まりは天国への手紙という感じでしたね。
二人のドラマ・・・そういってもいいものでした。

ステージに上がる前の緊張感は半端なものではなかったですね。
時子が越地の背中に「虎」という字を書いて背中をポンポンポンと3つ叩き
「あなたは虎、お客様はネコ」というおまじない。
とても微笑ましく、コントラストが感じられるシーンでした。

歌への情熱がとてもよく伝わってきましたね。

時子の存在はかなり大きかったでしょう。
越路への愛情もとてもよく伝わってきましたね。

ラストは本人の映像と写真で締めくくられていました。
(ずっと出さないのかな?と思っていました)

ありがとう ランキングに参加中です。クリックして応援してください
『女の一代記シリーズ』公式HPへ






日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場








テーマ:女の一代記シリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/11/28 11:35】 | [その他]単発ドラマ | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。