スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『けものみち』 #1
木曜ドラマ 松本清張『けものみち』

テレビ朝日 木曜9:00~


この枠って見たことがないんだけど
なぜか、気になりました。

どんよりとした空気のドラマですね。

これから、民子がどうなっていくのか・・・
幸の薄さを演じさせたら一番じゃないのかな?米倉涼子。

録画が3つも重なり10時までしか見られなかった・・・
ちょっと、悔しい。
初回と最終回の延長はできることなら避けてほしいものです。

ありがとう


スポンサーサイト

テーマ:けものみち - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2006/01/13 11:15】 | [’06冬ドラマ]けものみち | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
<<『ドクターズ』 #10 | ホーム | 『白夜行』 #1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ami042.blog31.fc2.com/tb.php/145-ca105a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【ドラマ雑感】 松本清張・けものみち (第一章) 「裸の女王」
 松本清張・けものみち(新番組)「裸の女王」第1回◇松本清張の同名小説をドラマ化。目の前に差し出されたチャンスをつかみ、自らの手で人生を切り開こうとする女性の生きざまを描く。寺田敏雄脚本、松田秀知ほか演出。寝たきりの夫、寛次(田中哲司)を抱え料亭旅館で仲 気ままなNotes...【2006/01/17 18:20】
けものみち 第1話
『裸の女王』 ジュエリーデザイナーを夢見る成沢民子は、脳梗塞で倒れてから寝たきりの生活を送る夫・寛次を抱え、料亭旅館『芳仙閣』で仲居をしながら生活を支えている。動くこともままならない寛次は異常に嫉妬深く、民子が旅館で男と遊んでいるのではと疑い、昼間から酒 どらま・のーと【2006/01/17 19:50】
けものみち}『けものみち』は、松本清張の長編小説。「週刊新潮」1962年1月8日号から1963年12月30日号まで連載され、翌年に新潮社から刊行された。「清張ブーム」の真っ只中で書かれた社会派作品。黒幕の裏工作を恐れる官僚たちや、その権力やマスコミの右翼暴力組織の癒着 あのドラマに夢中!【2007/07/30 08:55】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。