スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『デスパレートな妻たち』 #6
『デスパレートな妻たち』

第6話「火花散らして」RUNNING TO STAND STILL


ますます、面白くなってきましたね~

毎回、ハラハラドキドキさせられて、笑いもあり
とにかくあっという間の時間が過ぎていく。

リネットは双子ちゃんのやっとは入れた学校で、保護者同士の上下関係に直面して。
これって、日本でも同じようなことあるよね。
上に立って、自分の思い通りに進めていく人。
確かに、それなりの力はあるから、みんなついていくけど
時には、違う意見だってある。
リネット、かっこよかったよ~
薬に頼ってしまったところは、どうかと思うけど。
それで、あんな風になんでもテキパキにこなせるなら私も飲んでみたいな・・・

ザックはどこかに預けられて、ポールは親戚にというけど
スーザンは尾行する。
それも、近所の人に車を借りるのに、1年前に貸した卵の代わりにって・・・
そんなこと、考えるなんてね。面白すぎ。
それで、あぶなかしい運転で尾行し、ザックが療養施設にいたことを知り
今度は自分の娘を潜入させる。
本当にここの親子はどっちが親か分からない。
でも、ジュリーがザックと話をすることが出来て「デーナ」という
女の子の名前を聞き出す。
その「デーナ」ってスーザンがポールの家でガレージセールをやったブランケットみたいなものに刺繍されているんだよね!

ブリーは、真面目なのか、天然さんなのか・・・
色っぽい下着姿にはビックリ。
それより、「性の代理人」って何?
考えられないことだよね、日本では。
すっごく、ビックリしたんだけど!

ガブリエルはお姑さんから、見張られて大変だよね。
で、いやみも言われるけど、難なくクリア。
疑われていた浮気のことも、ギャンブルの弱みを握られて
カルロスに、「大丈夫」って言ったのにさぁ
またまた、お姑さんの逆襲が始まりそうだね。


応援クリックお願いします

スポンサーサイト
【2005/11/07 11:21】 | [海外ドラマ]デスパレートな妻たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『ブラザー☆ビート』 #4 | ホーム | 『あいのうた』 #4>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ami042.blog31.fc2.com/tb.php/51-18e4ed8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。