スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『女の一代記シリーズ』第一夜 瀬戸内寂聴
フジテレビ『女の一代記シリーズ』

明治、大正、昭和、平成を駆け抜けた
実在の女性達の人生を描く



第一夜 瀬戸内寂聴 「出家とは生きながら死ぬこと」

<キャスト>


瀬戸内晴美(寂聴) … 宮沢りえ
小杉慎吾 … 阿部 寛
木下凉太 … 中村勘太郎

佐伯十三 … 火野正平
瀬戸内コハル … 市毛良枝
今 東光 … 伊武雅刀
楠本 … 佐野史郎
瀬戸内豊吉 … 大杉 漣
瀬戸内艶 … 斉藤由貴(特別出演)
小俣きん … 泉ピン子(特別出演) ほか

<スタッフ>


原 作 : 瀬戸内寂聴『場所』(新潮社刊)
脚 本 : 神山由美子
制作統括 : 大多 亮 石原 隆
企 画 : 喜多麗子 中村百合子
プロデューサー : 中村百合子・鈴木伸太郎 永井麗子
演 出 : 星田良子
制作著作 : フジテレビ
制作協力 : ベイシス



何日も前からの宣伝で聴いていた中島みゆきの
歌が頭の中をくるくるしていた。

『命のリレー』 中島みゆき

この一生だけでは辿り着けないとしても
命のバトン掴んで 願いを引き継いでゆけ

僕の命を 僕は見えない
いつのまに走り始め いつまでを走るのだろう
星も礫も人も木の葉も
ひとつだけ運んでゆく 次のスタートへ繋ぐ

この一生だけでは辿り着けないとしても
命のバトン掴んで 願いを引き継いでゆけ



すごく情熱的な女性だったのですね。
一冊も本は読んだ事がなかったのですが、すごく気になりました。
でも、そんな壮絶な人生を過ごしたからこそ、
今の穏やかな彼女があるのでしょう。
いくつになっても人を好きになる、いい言葉ですね。

『女の一代記シリーズ』公式HPへ

ありがとう クリックして応援してください。



ないものはない!お買い物なら楽天市場













スポンサーサイト

テーマ:女の一代記シリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/11/25 10:16】 | [その他]単発ドラマ | トラックバック(4) | コメント(0) | page top↑
<<『ブラザー☆ビート』 #7 | ホーム | 『あいのうた』 #7>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ami042.blog31.fc2.com/tb.php/90-efadf890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
女の一代記録 第1夜 瀬戸内寂聴
戦時中、見合い結婚をした瀬戸内晴美(宮沢りえ)は、夫・楠本(佐野史郎)とともに北京に渡り、娘・迪子を産んだ。良妻賢母の手本のような毎日。 終戦後、やっとの思いで引き揚げた一家は、徳島の晴美の実家に身を寄せた。そこで晴美は、母・コハル(市毛良枝)が空襲で亡 どらま・のーと【2005/11/25 11:25】
「女の一代記 瀬戸内寂聴」 注目!阿部寛なかなかやるな☆
瀬戸内さんの著書は一度も読んだことがないのに女性週刊誌に見る法話には大変興味があり身近に感じていました。あの穏やかで無心な笑顔の内側にはこれほどの情熱が隠されていたのかとただ驚き、惹きこまれていきました。ドラマは終戦後から始まります。夫と子供のあるごく普 くつろぎ日記【2005/11/25 14:32】
寂聴ドラマ&大奥登場人物おさらい
今週のフジ系木曜ドラマ枠は3夜連続「女の一代記」シリーズの第1弾「瀬戸内寂聴~出家とは生きながら死ぬこと」by宮沢りえをやっていました。現在の飄々朗々とした寂聴さんの言動・風貌しか知らない人にとって女流作家・瀬戸内晴海さんが,特に異性関係で「すったもんだが D.D.のたわごと【2005/11/25 17:31】
「女の一代記シリーズ」レビュー
『女の一代記シリーズ』(2005/11/24,25,26、3夜連続)についてのレ ドラマレビューTBセンター【2005/11/26 13:52】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。