スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『女の一代記シリーズ』第一夜 瀬戸内寂聴
フジテレビ『女の一代記シリーズ』

明治、大正、昭和、平成を駆け抜けた
実在の女性達の人生を描く



第一夜 瀬戸内寂聴 「出家とは生きながら死ぬこと」

<キャスト>


瀬戸内晴美(寂聴) … 宮沢りえ
小杉慎吾 … 阿部 寛
木下凉太 … 中村勘太郎

佐伯十三 … 火野正平
瀬戸内コハル … 市毛良枝
今 東光 … 伊武雅刀
楠本 … 佐野史郎
瀬戸内豊吉 … 大杉 漣
瀬戸内艶 … 斉藤由貴(特別出演)
小俣きん … 泉ピン子(特別出演) ほか

<スタッフ>


原 作 : 瀬戸内寂聴『場所』(新潮社刊)
脚 本 : 神山由美子
制作統括 : 大多 亮 石原 隆
企 画 : 喜多麗子 中村百合子
プロデューサー : 中村百合子・鈴木伸太郎 永井麗子
演 出 : 星田良子
制作著作 : フジテレビ
制作協力 : ベイシス



何日も前からの宣伝で聴いていた中島みゆきの
歌が頭の中をくるくるしていた。

『命のリレー』 中島みゆき

この一生だけでは辿り着けないとしても
命のバトン掴んで 願いを引き継いでゆけ

僕の命を 僕は見えない
いつのまに走り始め いつまでを走るのだろう
星も礫も人も木の葉も
ひとつだけ運んでゆく 次のスタートへ繋ぐ

この一生だけでは辿り着けないとしても
命のバトン掴んで 願いを引き継いでゆけ



すごく情熱的な女性だったのですね。
一冊も本は読んだ事がなかったのですが、すごく気になりました。
でも、そんな壮絶な人生を過ごしたからこそ、
今の穏やかな彼女があるのでしょう。
いくつになっても人を好きになる、いい言葉ですね。

『女の一代記シリーズ』公式HPへ

ありがとう クリックして応援してください。



ないものはない!お買い物なら楽天市場













テーマ:女の一代記シリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/11/25 10:16】 | [その他]単発ドラマ | トラックバック(4) | コメント(0) | page top↑
『終戦六十年スペシャルドラマ火垂るの墓』
『終戦六十年スペシャルドラマ火垂るの墓』

日本テレビ 11月1日9:00~

主演 松嶋 菜々子
原作 野坂 昭如
脚本 井上 由美子


24年間続いた「火曜サスペンス劇場」が昨日から「ドラマコンプレックス」となって生まれ変わった。

戦争が・・・

人も・・・

街も・・・


そして、心も


燃やしてしまった・・・




ジブリのアニメで何度か見たことのある「火垂るの墓」
幼い兄妹を主人公にした作品だが、
このドラマは、戦争という時代の中で、自分や自分の子どもたちを守り、強く生きていこうとする女性の話。

松嶋菜々子さんの、優しいほんわかとしたお母さんから、
鬼のように変わっていく姿、迫真の演技でしたね。
生きていくために、鬼になる・・・

見終わったあとも、涙が止まりませんでした。
節子役の佐々木麻緒ちゃん、演技がうますぎます。

ところどころ、アニメで印象深かった部分も重なり、
本当に切なく悲しいドラマでした。

戦争の悲惨さや、怖さ・・・
60年後のなつの孫、恵子が言った「戦争は昔話じゃないんだね」と言う言葉、
いろいろとあらためて考えさせられました。

応援クリックお願いします





【2005/11/02 11:00】 | [その他]単発ドラマ | トラックバック(4) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。